2007年05月30日

『007/カジノ・ロワイヤル』CASINO ROYALE

 6代目ジェームズ・ボンド ダニエル・クレイグ

 r087828881L.jpg

 製作年:2006年
 製作: アメリカ
 出演: ダニエル・クレイグ(『トゥームレイダー』『ミュンヘン』)
    エヴァ・グリーン(『ルパン』『キングダム・オブ・ヘブン』)
    マッツ・ミケルセン(『しあわせな孤独』)
    ジュディ・デンチ(『恋におちたシェイクスピア
』でアカデミー助演女優賞、『眺めのいい部屋』『007/ゴールデンアイ』『ショコラ』『アイリス』『リディック』)
    ジャンカルロ・ジャンニーニ(『ハンニバル』『マイ・ボディガード』)
    ジェフリー・ライト(『クライシス・オブ・アメリカ』『ブロークン・フラワーズ』『レディ・イン・ザ・ウォーター』『シリアナ』)
    カテリーナ・ムリノ(『コルシカン・ファイル』)
 監督:マーティン・キャンベル(『007/ゴールデンアイ』『バーティカル・リミット』『すべては愛のために 〜Beyond Borders〜』『レジェンド・オブ・ゾロ』)

 新ボンドへの前評判はヒドかったが、なかなかいいじゃん
 ★68点★

 ダニエル・クレイグはボンドのイメージと違う、映画館へ見に行くながく〜(落胆した顔)っていう一部ファンからの酷い前評判だった本作。顔見ただけで何もそこまで・・・ファンってのは恐ろしいなあ〜。そんな訳で、期待せずに見た。(007シリーズは見まくったが、映画館で見るほどではないと思ってるから、DVD鑑賞)今までのクールで、無敵な007とは違い、なかなか男臭い、ワイルドな007の誕生だexclamation 007だって人間なんだっていう、リアルなところがいい。
 肝心のダニエル・クレイグ、いいじゃん。ショーン・コネリー(個人的には彼がやっぱ007のイメージ)みたいに、アクション頑張ってる目今後も末永く頑張って欲しい。

 あの悪評判が可哀想だと思いつつ、最後まで鑑賞。ちょっと長くてダラケタのが残念あせあせ(飛び散る汗) だけど、迫力あるアクションシーンに、緊張感あるポーカーシーン、前作に続きアストンマーティンも見れるし車(セダン)(何回転かしてブッつぶれる)、綺麗な風景も堪能できる(旅行気分)しで、なんか得したような映画。次回作に期待。
posted by まっちゃん at 23:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

『セブン』SEVEN

 ブラッド・ピット、モーガン・フリーマンの2大スター共演

 r161000854L.jpg

 製作年:1995年
 製作: アメリカ
 出演: ブラッド・ピット(『テルマ&ルイーズ』『トゥルー・ロマンス』『ジョー・ブラックをよろしく』『ファイト・クラブ』『ザ・メキシカン』『オーシャンズ11』『トロイ』『オーシャンズ12』『Mr.&Mrs. スミス』『ディパーテッド』)
    モーガン・フリーマン(『NYストリート・スマート』『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー助演男優賞、『ドライビングMiss デイジー』『ディープ・インパクト』『ショーシャンクの空に』『トータル・フィアーズ』『バットマン ビギンズ』)
    グウィネス・パルトロウ(『恋におちたシェイクスピア
アカデミー主演女優賞、『愛しのローズマリー』『リプリー』『スカイキャプテン』)
    ケビン・スペイシー(『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー助演男優賞、『アメリカン・ビューティー』で主演男優賞、『交渉人』『ペイ・フォワード』『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』『スーパーマン リターンズ』)
    ジョン・C・マッギンリー(『トーク・レディオ』『ハートブルー』『生存者』)
    リチャード・ラウンドトリー(『シャフト』)
 監督:デビッド・フィンチャー(『ゲーム』『ファイト・クラブ』『パニック・ルーム』)
posted by まっちゃん at 23:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

『TAKESHIS'』

 北野武 話題作

 c100490441_l.jpg 

 製作年:2005年
 製作国 : 日本
 出演:ビートたけし(『HANA−BI』『菊次郎の夏』『バトル・ロワイアル』『座頭市』『血と骨』)
    京野ことみ(『ナイン・ソウルズ』『タイムリミット』)
    岸本加世子(『男はつらいよ 寅次郎紙風船』『HANA−BI』『菊次郎の夏』)
    大杉漣(『HANA−BI』『ソナチネ』『死国』『たそがれ清兵衛』『電車男』)
    寺島進(『HANA−BI』『その男、凶暴につき』『ソナチネ』『DEAD OR ALIVE』『交渉人 真下正義』)
    渡辺哲(『ソナチネ』『HANA−BI』)
    美輪明宏
    The STRIPES
    六平直政(『鉄男』『スーパーの女』『修羅雪姫』『ドラッグストア・ガール』)
    ビートきよし(『爆走トラッカー軍団5 激闘! 香港マフィアVS女トラッカー』)
    津田寛治(『HANA−BI』『LOVE SONG』『模倣犯』『呪怨』『TAKESHIS'』『最終兵器彼女』)
    石橋保
    上田耕一(『いつか読書する日』)
    高木淳也(『ジャパナイズマフィアの真実』)
    芦川誠(『呪怨2』『ブース/Booth』)
    松村邦洋(『君を忘れない FLY BOYS,FLY!』『明日の記憶』)
    内山信二
 監督:北野武(『HANA−BI』『菊次郎の夏』『座頭市』『血と骨』)
posted by まっちゃん at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

『コルシカン・ファイル』L' ENQUETE CORSE/CORSICAN FILE

 サスペンス・アクション

 c100648881_l.jpg

 製作年:2004年
 製作国 : フランス
 出演:ジャン・レノ(『レオン』『ミッション:インポッシブル』『RONIN』『クリムゾン・リバー』『WASABI』『ピンクパンサー』『ダ・ヴィンチ・コード』)
    クリスチャン クラヴィエ(『レ・ミゼラブル』『ミッション・クレオパトラ』)
    カテリーナ・ムリノ(『007/カジノ・ロワイヤル』)
    ディディエ・フラマン
    アルベール・ドゥレ
 監督:アラン・ベルベリアン(『ル・ブレ』)

 クダラナイ・・・見ない方がいいと思う
 ★20点★

 コルシカ島っていうフランス領の島を舞台にした映画。(この島についてはこちらでwikipedia次項有)へえ〜世界ラリー選手権のレース場があるんだ車(セダン)

 フランスが好きな方は楽しめるかもしれないが、普通は全然面白くなかったで終わるだろうバッド(下向き矢印) 何にも残らない。
posted by まっちゃん at 23:14| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

『トーク・レディオ』TALK RADIO

 オリバー・ストーンが監督、脚本

 c100790441_l.jpg

 製作年:1989年
 製作国:アメリカ
 出演:エリック・ボゴジアン(『暴走特急』)
    エレン・グリーン(『リトルショップ・オブ・ホラーズ』)
    アレック・ボールドウィン(『ワーキング・ガール』『ファイナルファンタジー』『パール・ハーバー』『アビエイター』『エリザベスタウン』『ディパーテッド』)
    レスリー・ホープ(『メルトダウン』)
    ジョン・C・マッギンレー(『ハートブルー』『セブン』『生存者』)
 監督:オリバー・ストーン(『7月4日に生まれて』でアカデミー監督賞、『ミッドナイト・エクスプレス』『プラトーン』『ウォール街』『JFK』『ニクソン』『エニイ・ギブン・サンデー』『アレキサンダー』『ワールド・トレード・センター』)

 オリバー・ストーンの隠れた名作か
 ★80点★

 面白くない、何にも残らない、そんな映画が多い中で、本作は言いたいことがハッキリしてて、ガツンと伝わってくる目。人間って本来酷いんだよ、だから一人ひとりはどう生きていくべきなんだ??って。これだけ社会に対して強くメッセージが込められた映画は、なかなかないもんだ。

 現在、小学生から誰でも気軽に利用しているインターネット(この映画はラジオがメディア)。この無法地帯ともいえるものが急速に普及している。ますます匿名性が悪用されている・・・がく〜(落胆した顔)オリバー・ストーンの叫びもむなしく。また、ネットの影響かどうか、最近はほぼ毎日のように殺人事件が起きているような・・・社会は悪くなる一方だ。
posted by まっちゃん at 23:42| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

『サタデー・ナイト・フィーバー』 SATURDAY NIGHT FEVER

 ジョントラ・ボルタ主演 青春グラフティー

 r080111058L.jpg 

 製作年:1977年
 製作: アメリカ
 出演: ジョン・トラボルタ(『キャリー』『ミッドナイトクロス』『フェイス/オフ』『パルプ・フィクション』『将軍の娘』『ソードフィッシュ』『閉ざされた森』『炎のメモリアル』『パニッシャー』)
    カレン ゴーニー、ドナ ペスコー
    バリー・ミラー(『フェーム』『フローレス』)
    ジョセフ・カリ
 監督:ジョン・バダム(『アサシン/暗・殺・者』『ニック・オブ・タイム』)
posted by まっちゃん at 23:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

『ロープ』ROPE

 ヒッチコック作品

 r080111924L.jpg

 製作年:1948年
 製作国 : アメリカ
 出演:ジェームス・スチュアート(『フィラデルフィア物語』でアカデミー主演男優賞、『スミス都へ行く』『裏窓』『めまい』、アカデミー名誉賞
    ファーリー・グレンジャー(『見知らぬ乗客』)
    ジョン ドール
    セドリック ハードウィック(『ヘレン・オブ・トロイ』)     レイモンド・バー(『陽のあたる場所』『裏窓』)
 監督:アルフレッド・ヒッチコック(『裏窓』『見知らぬ乗客』『知りすぎていた男』『北北西に進路を取れ』『サイコ』『鳥』)

 へぇ〜こんな映画があったんだ
 ★65点★

 80分の出来事を1シーン1カットで描く・・・その発想と実際にやってみた行為ってのが凄い目 映画と現実の時間が同じわけで、演劇みたいなわけ。しかも、舞台はあるアパートの一室。そこから外には出ない・・・(『十二人の怒れる男』よりも舞台が狭い、そんな映画があったんだexclamation)ヘタすりゃ他人の見たくもないホームビデオになってしまうところだが・・・。

 残念なことに、緊張感があんまりなく、簡単に事件が解決されちゃうたらーっ(汗) でも、カメラワークがとにかくいいから、楽しめるわけだ。ラストは特に素晴らしいショットで決められていた。こんな演劇みたいな映画もあるんだな〜。
posted by まっちゃん at 23:47| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

『マッチスティック・メン』MATCHSTICK MEN

リドリー・スコット×ニコラス・ケイジ

 r161856189L.jpg

 製作年:2003年
 製作国:アメリカ
 出演:ニコラス・ケイジ(『リービング・ラスベガス』でアカデミー主演男優賞、『バーディ』『ザ・ロック』『8mm』『アダプテーション』『ナショナル・トレジャー』『ロード・オブ・ウォー』『ニコラス・ケイジの ウェザーマン』『ワールド・トレード・センター』)
    サム・ロックウェル(『ギャラクシー・クエスト』『チャーリーズ・エンジェル』)
    アリソン・ローマン(『ホワイト・オランダー』『ビッグ・フィッシュ』)
    ブルース・アルトマン
    ブルース・マッギル(『シンデレラマン』『エリザベスタウン』『エネミー・ライン2 −北朝鮮への潜入−』)
 監督:リドリー・スコット(『エイリアン』『グラディエーター』『ブラックホーク・ダウン』『ハンニバル』『キングダム・オブ・ヘブン』)

 素晴らしい脚本の映画
 ★72点★

 リドリー・スコット監督の『グラディエーター』(歴史)『ブラックホーク・ダウン』(戦争)どっちも好きな映画だわーい(嬉しい顔) 今日の映画は詐欺師の話で、コメディー・サスペンス要素がありで、幅広く映画を撮る監督なんだな〜。

 楽しかったグッド(上向き矢印)と言って、映画館を後にできるような映画。人に「なんか面白い映画ない?」って聞かれたときに答えてあげるといいひらめきまあ満足してくれるだろう。

 ただ、2日前にニコラス・ケイジ主演の『ニコラス・ケイジのウェザーマン』を見ていた自分としては、可哀想な主人公の話という点では、ウェザーマンの方が上手。内容面でも上手・・・。潔癖症の主人公は『恋愛小説家』のジャック・ニコルソンには敵わないし(「1,2,3」って言いながらドアを開閉するのはこれのパクり??) 無駄に他の映画と比べながら見てしまった・・・。
posted by まっちゃん at 23:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

『タンデム』TANDEM

 フランス ロード・ムービー

 COVM5484_l.jpg

 製作年:1987年
 製作国:フランス
 出演:ジャン・ロシュフォール(『髪結いの亭主』『ロスト・イン・ラ・マンチャ』『列車に乗った男』)
    シルビー グラティノエ、ジェラール ジュノー、ジュリー ジュゼケル
    ジャン・クロード・ドレフュス(『ロスト・チルドレン』『トゥー・ブラザーズ』)
 監督:パトリス・ルコント(『髪結いの亭主』『列車に乗った男』『親密すぎるうちあけ話』)

 ちょっと淋しすぎ
 ★60点★

 ラジオの人気司会者とその助手、二人のおじさんの淋しいロードムービー車(セダン) いろんな土地で中継をするっていうクイズ番組のため、二人は各地を転々としている。そんな長年続いた番組の打ち切りが決定し、助手はどう伝えようかと苦悩し、司会者は生きがいだった番組が無くなることの辛さにぶち当たるたらーっ(汗) もう少し、ハッピーな終わり方にして欲しかった。二人の友情に感動exclamation&questionっていうか 一発屋の芸人のその後目・・・みたいで悲しい。
posted by まっちゃん at 23:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

『ニコラス・ケイジの ウェザーマン』

 「パイレーツ・オブ・カリビアン」のゴア・ヴァービンスキー監督

 r087611623L.jpg

 製作年:2005年
 製作国:アメリカ
 出演:ニコラス・ケイジ(『リービング・ラスベガス』でアカデミー主演男優賞、『バーディ』『ザ・ロック』『8mm』『アダプテーション』『マッチスティック・メン』『ナショナル・トレジャー』『ロード・オブ・ウォー』『ワールド・トレード・センター』)
    マイケル・ケイン(『ハンナとその姉妹』でアカデミー助演男優賞、『サイダーハウス・ルール』『デンジャラス・ビューティー』『ウォルター少年と、夏の休日』『バットマン ビギンズ』『奥さまは魔女』『トゥモロー・ワールド』)
    ホープ・デイヴィス(『アトランティスのこころ』『アバウト・シュミット』『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』)
    ニコラス・ホルト(『アバウト・ア・ボーイ』)
 監督:ゴア・ヴァービンスキー(『ザ・メキシカン』『ザ・リング』『タイムマシン』『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』)

 ニコラス・ケイジのにテンション低めな演技が最高
 ★82点★

 人生に悩んでいるお天気キャスターの話。離婚した妻(恋人がいる)とは復縁できそうになく、子供(二人とも問題児)とは週末だけしか会えず、父親は偉大な作家で・・・がく〜(落胆した顔) また、度々知らない人から、ジュースやらパイやら投げつけられたり、町ではちょっと有名だってことで冷やかされたり・・・彼は全国ネットでキャスターが出来れば、こんな問題は全て解決されると考えるわけだが・・・人生はそんなに甘くなかった。そんな可哀想な主人公をニコラス・ケイジが演じている。はまり役だ。

 雨や雪のシーンが多く、最初から最後までなんとなく暗い、淡々と進んでいくたらーっ(汗) しかし、登場人物が個性あり、台詞は面白いし(汚い言葉が多い)、何より脚本がいいため、飽きずに楽しめたわーい(嬉しい顔) 馬鹿笑いできるコメディー(世間で流行るようなコメディーには最近笑えない)ではないが、個人的には久しぶりにツボにはまり満足exclamation
posted by まっちゃん at 23:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

『ワイルド・ランナーX2』ALARM FOR COBRA 11 EPISODE 7

 カーアクション??

 c100790511_l.jpg

 製作年:2003年
 製作国 : ドイツ
 出演:エルドゥアン・アタライ(『アウトバーン・コップ』『インターチェンジ』)
   クリスチャン・オリヴィエ(『ブラスト・ゾーン』)
    ディトマー・ハーン
    シャルロット・シュエッブ(『インターチェンジ』)
 監督:ラウル・ハインリッヒ(『インターチェンジ』)

 くだらねえ〜
 ★10点★

 カーアクションは最初だけ。ドイツのアウトバーンでクラッシュむかっ(怒り) そんで、連鎖的にクラッシュが続く。車が吹っ飛んだりしてるから、なかなか凄い目 あと、ラストで消防車が崖の上から落ちて・・・爆発。その2箇所はいいが、間はしょぼ〜い(しょぼすぎる)テレビドラマあせあせ(飛び散る汗) あまりにも中身がない。
posted by まっちゃん at 23:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

『代理人』LOSING ISAIAH

 ジェシカ・ラング、ハル・ベリー共演

 r081018088L.jpg

 製作年:1995年
 製作国 : アメリカ
 出演:ジェシカ・ラング(『トッツィー』でアカデミー助演女優賞、『ブルースカイ』で主演女優賞、『キングコング』『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『ビッグ・フィッシュ』『ブロークン・フラワーズ』)
    ハル・ベリー(『チョコレート』でアカデミー主演女優賞、『X−MEN』『ソードフィッシュ』『007/ダイ・アナザー・デイ』『ゴシカ』『キャットウーマン』)
    デビッド・ストラザーン(『黙秘』『サイモン・バーチ』『ツイステッド』『グッドナイト&グッドラック』)
    サミュエル・L.ジャクソン(『ジャングル・フィーバー』『パルプ・フィクション』『ダイ・ハード3』『ジャッキー・ブラウン』『レッド・バイオリン』『交渉人』『ディープ・ブルー』『トリプルX』『S.W.A.T.』『キル・ビル Vol.2』『スター・ウォーズ エピソード3』『スネーク・フライト』)
    キューバ・グッティング・Jr.(『ザ・エージェント』でアカデミー助演男優賞、『ア・フュー・グッドメン』『恋愛小説家』『ザ・ダイバー』『パール・ハーバー』)
 監督:スティーヴン・ギレンホール
posted by まっちゃん at 23:40| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

『ブラッド・ダイヤモンド』BLOOD DIAMOND

 社会派アクション映画

 326034view007.jpg

 製作年:2006年
 製作国 : アメリカ
 出演:レオナルド・ディカプリオ(『ギルバート・グレイプ』『タイタニック』『仮面の男』『ザ・ビーチ』『ギャング・オブ・ニューヨーク』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』『アビエイター』『ディパーテッド』)
    ジェニファー・コネリー(『フェノミナ/インテグラルハード』『ポロック 2人だけのアトリエ』『ビューティフル・マインド』『砂と霧の家』『ダーク・ウォーター』)
    ジャイモン・フンスー(『サハラに舞う羽根』『コンスタンティン』『アイランド』)
    マイケル・シーン(『サハラに舞う羽根』『アンダーワールド』『アンダーワールド2』)
    アーノルド・ヴォスルー(『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』『エージェント・コーディ』)
    カギソ・クイパーズ
    ベイジル・ウォレス(『KOOL 殺戮の銃弾』)
    マリウス・ウェイヤーズ(『コイサンマン』)
 監督:エドワード・ズウィック(『グローリー』『レジェンド・オブ・フォール』『戦火の勇気』『ラスト サムライ』)

 ダイアモンド業界を敵に回したタブーな作品
 ★85点★

 先週『バベル』に続き、今日も映画館へ。映画館はやっぱり家でチマチマと(テレビは小さいし、大きな音は出せないし)DVD見るのとは違い、自分の世界に入れていいわーい(嬉しい顔) ストレス解消になる。人に、現実逃避とか言われるが、関係ねえ・・・。

  宝石業界に関する事で、ボカシている点はあるし(実際は描かれていないことの方が強烈なんだろうたらーっ(汗))(個人的には『ディパーテッド』よりアカデミー賞作品賞ぴかぴか(新しい))、テンポがイマイチって感じもしたが、見る価値はあるし、娯楽として迫力あるシーンも多い。見て良かったと思える作品だグッド(上向き矢印) (そういや同名の洋書ペーパーバック読んだな)

 人間の金欲や残虐さがモロに出てて痛々しい。一方で、同じ舞台(アフリカのシエラレオネ)には美しい自然の景色が多く、それが映されるシーンも多くあるため、対照的に人間の愚かさが印象付けられるがく〜(落胆した顔) ダイヤモンド、美しい物で目(買ったことないが)婚約指輪に辞めろなんて言えない(全てのダイヤモンドに血が絡んでいるわけではないし)が、「何カラットのダイヤモンドですわよ」みたいに自慢するアホにはなってはいけないパンチセレブを取り扱った番組多いが、彼ら彼女らを羨ましがるばかりに、世界の裏を見失ってはいけない。この映画を見て、ダイヤモンド欲しい、買って買ってってまだ平気で言える人は、おそらくほとんどいないだろうから、運よく見た方は問題なし。

 自分一人の力では何ができるか分からないが、「無知は罪だ」と言われないように、世界で起きている様々な問題に関して、日頃から興味を持っていきたい目 今日のはダイヤモンドがテーマだっただけ。まだまだ問題は多いのだから。タブーに切り込むような映画が増えると、映画好きには勉強になっていいexclamation
posted by まっちゃん at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

『ベティ・サイズモア』NURSE BETTY

 レニー・ゼルウィガー主演

 r081558874L.jpg

 製作年:2000年
 製作: アメリカ
 出演: レニー・ゼルウィガー(『ブリジット・ジョーンズの日記』『シカゴ』『コールド マウンテン』『シンデレラマン』)
   モーガン・フリーマン(『NYストリート・スマート』『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー助演男優賞、『ドライビングMiss デイジー』『ディープ・インパクト』『ショーシャンクの空に』『トータル・フィアーズ』)
    クリス・ロック(『9デイズ』『ロンゲスト・ヤード』) 
   グレッグ・キニア(『恋愛小説家』『ユー・ガット・メール』『ギフト』『リトル・ミス・サンシャイン』)
    アーロン エッカート(『エリン・ブロコビッチ』『プレッジ』『ザ・コア』『ペイチェック 消された記憶』『ブラック・ダリア』)
    クリスピン・グローバー(『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『チャーリーズ・エンジェル』)
    プルート・テイラー・ヴィンス(『海の上のピアニスト』)
 監督: ニール・ラビュート(『抱擁』)
posted by まっちゃん at 23:58| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

『みなさん、さようなら』Les Invasions Barberes

  アカデミー賞最優秀外国映画賞を受賞

 r161942534L.jpg

 製作年:2003年
 製作国 : カナダ/フランス
 出演:レミー・ジラール(『ヒューマン・トラフィック』)
    ステファン・ルソー
    マリ=ジョゼ・クローズ(『アララトの聖母』『NOTHING ナッシング』)
    マリナ・ハンズ
    ドロテ・ベリマン 
 監督:ドウニ・アルカン(『しあわせの選択』)

 死について考えさせられる映画
 ★60点★

 自分勝手に生きてきた元大学教授の爺さんが、病院で死が近いと宣告されるふらふら残りの人生をどう生きて、死ぬ意味を見つけてから死にたいと考える。最期は家族や友人達に見守られ、安楽死でこの世を去る。

 かなり暗くなってしまいそうな話だが、ユーモアを交え(字幕では伝わってきにくい)、重病のはずの本人は顔色悪くないしで、全体を通して明るいグッド(上向き矢印) どう死にたいか?って考えさせられる。ほとんどの人間が思い通りには死ねないはず、でもこの人は、好きだった場所で、多くの人に囲まれ、温かく・・・いい死に方が出来たのではないだろうか。

 ヤク中の女役(マリ=ジョゼ・クローズという女優)が良かったわーい(嬉しい顔) 格好が、特に目が。なかなかクールな女優さんだ(『NOTHING ナッシング』に出てたっけ??)(最後は父(女好き)とは正反対の性格のはずの息子が、彼女と・・・やはり血は繋がっていたのだ(笑))
 
 彼は選択肢の一つとして安楽死を選んだ。皆さんはどう死にたいですかexclamation&questionって問いかけてくる映画。年配で子持ちの方が見るのが適している映画ではあるが、死について考えることは普段ないような自分みたいな若い世代が見ておいてもいいかなと思える作品。
posted by まっちゃん at 23:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

『イギリスから来た男』The Limey

 スティーヴン・ソダーバーグ監督作

 r161516182L.jpg

 製作年:1999年
 製作国 : アメリカ
 出演:テレンス・スタンプ(『コレクター』『プリシラ』『ホーンテッドマンション』『エレクトラ』)
    レスリー・アン・ウォーレン(『秘書 セクレタリー』)
   ピーター・フォンダ(『イージー・ライダー』)
    ルイス・ガズマン(『カリートの道』『ボーン・コレクター』『トラフィック』『パンチドランク・ラブ』)
    バリー・ニューマン(『バニシング・ポイント』)
    ジョー・ダレッサンドロ(『新・蘭の女/ブルームービー・ブルー』)
    ニッキー カット(『母の眠り』『ウォルター少年と、夏の休日』) 
 監督:スティーブン・ソダーバーグ(『セックスと嘘とビデオテープ 』『エリン・ブロコビッチ』『トラフィック』『ソラリス』『オーシャンズ12』)
posted by まっちゃん at 23:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

『トワイライト 葬られた過去』TWILIGHT

 『クレイマー、クレイマー』のロバート・ベントン監督

 c100230091_l.jpg

 製作年:1998年
 製作国 : アメリカ
 出演:ポール・ニューマン(『ハスラー2』『カントリー・ベアーズ』でアカデミー主演男優賞、『風と共に去りぬ』『明日に向って撃て!』『スティング』『ロード・トゥ・パーディション』)
    スーザン・サランドン(『デッドマン・ウォーキング』でアカデミー賞主演女優賞、『イーストウィックの魔女たち』『テルマ&ルイーズ』『Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?』『NOEL ノエル −星降る夜の奇跡−』『エリザベスタウン』)
    ジーン・ハックマン(『フレンチ・コネクション』でアカデミー主演男優賞許されざる者』でアカデミー助演男優賞、『俺たちに明日はない』『父の肖像』『スーパーマン』『ザ・ファーム/法律事務所』『エネミー・オブ・アメリカ』『ザ・メキシカン』『エネミー・ライン』)
   ストッカード・チャニング(『スモーク』『プラクティカル・マジック』)   
    リース・ウイザースプーン(『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』でアカデミー賞主演女優賞、『アメリカン・サイコ』『キューティ・ブロンド』) 
 監督:ロバート・ベントン(『クレイマー、クレイマー』でアカデミー監督賞
posted by まっちゃん at 23:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

『バベル』BABEL

 菊地凛子の演技が話題に

 20070502-00000005-flix-movi-view-000.jpg  

 製作年:2006年
 製作: アメリカ
 出演: ブラッド・ピット(『テルマ&ルイーズ』『トゥルー・ロマンス』『セブン』『ジョー・ブラックをよろしく』『ファイト・クラブ』『ザ・メキシカン』『オーシャンズ11』『トロイ』『オーシャンズ12』『Mr.&Mrs. スミス』)
    ケイト・ブランシェット(『リプリー』『狂っちゃいないぜ』『耳に残るは君の歌声』『ロード・オブ・ザ・リング』『アビエイター』)
    ガエル・ガルシア・ベルナル(『アモーレス・ペロス』『天国の口、終りの楽園。』『バッド・エデュケーション』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『バッド・エデュケーション』)
    役所広司(『Shall We ダンス?』『突入せよ!「あさま山荘」事件』『笑の大学』『ローレライ』『THE 有頂天ホテル』 『SAYURI』)
    菊地凛子(『笑う大天使(ミカエル)』)
    二階堂智(『最終兵器彼女』)
 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(『アモーレス・ペロス』『21グラム』)

 体調不良で問題のシーン・・・確かに直視し続けるのは無理!
 ★65点★

 気になってたんで、見に行ってみたダッシュ(走り出すさま) まず、一般受けする様な映画ではない。娯楽映画ではない(GW中に気晴らしに見に行かれた方は不快な思いをされているはず・・・)し、監督もアカデミー賞なんて狙ってなかったはずだから。個人的にこの監督好きだし(『アモーレス・ペロス』は良かった)、撮りたいものを撮ってやったぞexclamation&questionっていう考えも伝わってきた。ただ、世間は映画にそんなに深く重い内容を求めていないってのが現状なんだろう。
 見て考えさせられる、そういう映画がピックアップされ出したのはいい傾向だと思う。ただ、ちょっと注目されすぎてしまったバッド(下向き矢印) 

 照明が高速で点滅するシーンどんっ(衝撃)で気分が悪くなった人が出ているとのニュースがあった。あえて直視し続けようかと思ったが、無理だった。適当に目をつぶってたほうがいい、マジで。観客が気分悪くなるのが分かっていて、未だにああいうシーンが好まれているのは何故かよくわからない。他にも荒野で方向感覚が麻痺している所も結構気分悪くなるかも。他国では誰も気分悪くなってないよっていう配給元の報告も果たして本当なのか・・・。どれだけ目が強い(??)んだ。

 バベルの塔を題材に、うまく意思疎通できない現代人(国境を越えて)というテーマで、なかなか見応えはある目。しかも、舞台がモロッコ・日本・メキシコと多国に渡っていて、幾分スケールの大きな話なんだと期待したが、特に日本が浮いてるし、かみ合い方がイマイチで、スッとしないたらーっ(汗) (再び、『アモーレス・ペロス』は良かった)

 ただ、菊地凛子の存在感は凄い。アカデミー賞にノミネートされたのは分かる。ブラピなどのスターの中で(直接接することはないんだけど)光っている彼女はクールだexclamation(ヌードの必要性はなかった気がするが)
posted by まっちゃん at 23:57| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

『ドメスティック・フィアー』Domestic Disturbance

 サイコサスペンスアクション

 r081681714L.jpg 

 製作年:2001年
 製作: アメリカ
 出演: ジョン・トラボルタ(『キャリー』『サタデーナイトフィーバー』『ミッドナイトクロス』『フェイス/オフ』『パルプ・フィクション』『将軍の娘』『ソードフィッシュ』『閉ざされた森』『炎のメモリアル』『パニッシャー』)
    ヴィンス・ヴォーン(『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』『ドッジボール』『Mr.&Mrs. スミス』)
    テリー・ポロ(『ミート・ザ・ペアレンツ』『すべては愛のために 〜Beyond Borders〜』)
    マシュー・オリアリー
    マット・オリアリー(『フレイルティー/妄執』)
    スティーブ・ブシェミ(『レザボアドッグス』『デスペラード』『ウェディング・シンガー』『アルマゲドン』『ビッグ・フィッシュ』『コーヒー&シガレッツ』『アイランド』)
 監督:ハロルド・ベッカー(『シー・オブ・ラブ』『マーキュリー・ライジング』)
posted by まっちゃん at 23:51| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

『イン・マイ・カントリー』IN MY COUNTRY

 サミュエル・L・ジャクソンとジュリエット・ビノシュ共演

 c100778881_l.jpg

 製作年:2004年
 製作: イギリス/アイルランド/南アフリカ
 出演: サミュエル・L.ジャクソン(『ジャングル・フィーバー』『パルプ・フィクション』『ダイ・ハード3』『ジャッキー・ブラウン』『レッド・バイオリン』『交渉人』『ディープ・ブルー』『トリプルX』『S.W.A.T.』『スター・ウォーズ エピソード3』『スネーク・フライト』)
    ジュリエット・ビノシュ(『イングリッシュ・ペイシェント』『ショコラ』『隠された記憶』)
    ブレンダン・グリーソン(『ブレイブハート』『テイラー・オブ・パナマ』『A.I.』『28日後...』『キングダム・オブ・ヘブン』)
    メンジ・“イグブス”・ングバネ
    ラングレー・カークウッド(『ヴァン・ヘルシングvsスペースドラキュラ』)
 監督:ジョン・ブアマン(『未来惑星ザルドス』『エクソシスト2』『エクスカリバー』)
posted by まっちゃん at 23:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。