2006年01月06日

『モンスター』MONSTER

 連続殺人鬼の実話の映画化

 DZ145_l.jpg

 製作年:2003年
 製作国 : アメリカ
 出演:シャーリーズ・セロン(本作でアカデミー主演女優賞、『スウィート・ノベンバー』『ミニミニ大作戦』『トリコロールに燃えて』)
    クリスティーナ・リッチ(『スリーピー・ホロウ』『耳に残るは君の歌声』)
 監督:パティ・ジェンキンス

 衝撃的で見終わった後、しばらくボォ〜っとしてた
 ★90点★

 実家から帰ってきた。しばらく映画見てなかったけど(正月、家族で『カンフーハッスル』は見た・・・完全に娯楽映画で笑えた)また映画三昧の毎日の復活だexclamation&question

 とにかくシャーリーズ・セロンとは、思えないような体型・顔にビックリ。いくら役作りとはいえ、美しい姿を完璧に捨てて映画に取り組む彼女に拍手ぴかぴか(新しい) まさに役者魂。と同時に共演のクリスティーナ・リッチの演技も素晴らしかった。特に最後の裁判所シーンでの彼女の演技は忘れそうにない目 アイリーン(シャーリーズ・セロン)と生活を共にし、彼女に生活費稼ぐように命令し、ましてあれ程愛していた黒ハートにも関わらず、情というものを一切見せず、彼女を裏切る冷たすぎる姿には鳥肌が立った。アイリーンがそれでいいんだ的に少し微笑むものの、一切表情は変わらない、あれがこの映画で一番印象的だったどんっ(衝撃) そもそもアイリーンは自己防衛として一人目を殺してしまって、その結果、売春の道から足を洗おうと努力してたのに(反省の色は全然見られなかったが・・・たらーっ(汗))彼女の要求で再び売春生活を迫られたわけで。酷すぎるのでは? 人間いざとなると、過去の愛や感謝など関係なしに、自分のことしか考えないことができるものなのだろうか・・・がく〜(落胆した顔) 衝撃的だった。

 それにしてもアイリーンの悲しすぎる人生、どう表現していいのかたらーっ(汗) 実話を元にしてるし、なおさら考えさせられる。連続殺人犯の彼女、勿論人を殺すことはいけないことで、同情することはできないんだけど、幼い頃虐待を受け、生活を維持するために売春という選択しかなかった彼女には何ともいえない思いが込み上げてきたふらふら 人生って自分の力ではどうにもできない部分もあるなあとつくづく感じる。幼い頃の生活環境で左右される部分があるわけで。結局、世の中いろんな人がいるってことを忘れてはいけない。自己中で人を見てはいけない、そう思う。

 この映画、下品なセリフ(「フ○ック!!」多かったなあ・・・あせあせ(飛び散る汗))や同性愛、暴力的シーンがあるから、お薦めしにくいんやけど、人間ドラマとしては必見だと思うexclamation

 
posted by まっちゃん at 19:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画『モンスター』
Excerpt: 原題:Monster  ??愛した故に重ねた罪のモンスター?? 実在のストリートガールで女性連続殺人犯(1986年)となったアイリーン(シャーリズ・セロン)と同性愛者の少女セルビー(..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-01-08 17:49

モンスター
Excerpt: この映画の「見どころ」でもあるシャーリーズ・セロンの変貌振りはスゴイ! 体重を10k以上増やし顔は肌も歯も醜く眉なし、締りの無い表情、だらしない歩き方、阿婆擦れぶり・・・。 そしてクリスティー..
Weblog: future world
Tracked: 2006-01-08 22:11

モンスター
Excerpt: 「モンスター」★★★★(盛岡フォーラム2) 2003年アメリ
Weblog: いつか深夜特急に乗って
Tracked: 2006-01-09 05:40

モンスター
Excerpt: モンスター 監督・脚本:パティ・ジェンキンス 出演:シャーリーズ・セロン クリスティーナ・リッチ ブルース・ダーン リー・ターゲンセン アニー・コーレン 日本配給:ギャガコミュニケーションズ..
Weblog: ハイジのシネマパラダイス
Tracked: 2006-01-09 23:22

モンスター
Excerpt: 前々から観たかった、モンスターを観ました。みていて、痛々しい…というより、痛かったです。言葉では伝えられない気持ちです。シャーリーズ...
Weblog: アルパカブログ
Tracked: 2006-01-18 14:07

モンスター/シャーリーズ・セロン
Excerpt: 人生を誤ってしまったとき、他人はほかに道はなかったのかと問います。もしかしたら何度も引き返せるチャンスはあるのかもしれません。死にたいと思った瞬間、わずかに見えた光が実は犯罪であったとしたら、死と光と..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-08-03 23:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。